症状狭窄症

狭窄症

 

狭窄症は、神経性と血管性に分けられます

 
神経性(脊柱狭窄)
または、
神経性間欠性跛行
血管性
痛みの場所 腰椎及び臀部長く立っていたり、背中を「弓なり」にして横たわっていると引き起こし易い 腰、大腿臀部、ふくらはぎへ進行(または、その逆)
兆候
下肢痛の原因
歩行、立位、ひざつき過剰伸展坂を上ったときなどに見られる 歩行のような運動
安静時に痛みがあるか ある ない
痛みの種類 無感覚、ひりひり、及び焼ける感じ等の知覚障害 軽い痛み、圧迫されるような痛みけいれんが歩くと増す まれに麻痺や虚弱感
応急の痛みの除去 前屈、うずくまり、屈曲 安静
神経性 脊柱狭窄は、脊柱管内径が12mm以下のものをいう。
血管性 一定の距離を歩くと、症状が出る。例えば、朝、家を出て途中に「パン屋」があって、必ず「パン屋」の前で症状が出る。詳しくは、直接ご相談ください。
 
| HOME | ようこそ(サイトマップ)オステオパシー医学ってなに?| 当院の特徴 | 治療内容 | あなたの症状を調べる
施術の流れ院長室スタッフ紹介インフォメーションQ&A用語集


SAHA治療センター : 新宿区西新宿7−10−10 西村ビル6F
   03(3366)3210