腰が痛くなったとき
腰が痛くなったとき まず、患部に熱があるかどうか調べます。痛くない場所と比べて、熱があるようでしたら、炎症が起きているので、冷やします。10分冷やしたら、30〜50分間隔をあけ、また冷やします。それを数回繰り返します。2,3日続けたら、炎症はとれてきますので、激痛はおさまります。(個人差はあります)その後、当センターを含めた専門家のところに行き、正しい診断を受けることをおすすめします。
大部分の腰痛は、手術をしなくても治ります。しかし、一時的に痛みを止めるだけの治療では、再発を繰り返し、だんだん悪化します。(腰痛患者の9割は過去に腰痛の経験があると言われています。)
どうしてそこに痛みが出るのか、その原因を探し、根本から治すのが、SAHAの治療です。

| HOME | ようこそ(サイトマップ)オステオパシー医学ってなに?| 当院の特徴 | 治療内容 | あなたの症状を調べる
施術の流れ院長室スタッフ紹介インフォメーションQ&A用語集


SAHA治療センター : 新宿区西新宿7−10−10 西村ビル6F
   03(3366)3210