カゼの症状はイヤなものですが、カゼの症状自体は悪者ではなく、カゼの原因が問題なのです。症状自体をおさえてしまうことはあまりよくありません。実はカゼの症状というのは、体の浄化作用なのです。例えば「セキ」は口からいらないものを出す作業ですし、熱は体内の毒素を溶かす働きです。それなのに症状を止めてしまうと、体内の毒素が排出しづらくなります。カゼをひいた時は、症状を止めるというよりも「カゼのプロセスを早く終わらせる」ことを考えるのが適切です。長引いてしまうと体の浄化作用である症状自体が体を損傷させますし、体力を奪い、免疫機能を低下させますので要注意です。
早く終わらせる方法としては、

@ カゼをひいて3日以内なら背中の上部(首の下の部分)をホカロンなどで温める。そして厚着をしてたくさん汗を出させる。(カゼをひいて3日位過ぎると効力がないので注意が必要です)

A ビタミンCを少量を分けて一時間に一回飲む。ビタミンCの吸収率を上げるために総合ビタミン剤を一日一回飲む。

| HOME | ようこそ(サイトマップ)オステオパシー医学ってなに?| 当院の特徴 | 治療内容| あなたの症状を調べる
施術の流れ院長室スタッフ紹介インフォメーションQ&A用語集


SAHA治療センター : 新宿区西新宿7−10−10 西村ビル6F
   03(3366)3210