婦人病といえば、まず卵巣、子宮、膣、外性器にかかわる産婦人科系の異常があげられます。命にかかわる重大なものは、少ないにしても軽くみられない病気がたくさんあります。
こうした病気の症状としては「おりものの異常」「出血」「下腹部痛」の3つが代表的です。なかでも、病気の初期にはおりものの異変がよく見られます。「ふだんと違う」様子があるかどうかに気をつけて病気の特徴を見逃さないようにしたいものです。そのために少しでも役に立てばと思い以下の表を作成しました。 
 
     
1.痛みの場所(下腹部)  
  下図の病名は痛みが伴わない場合があります.  


SAHA治療センター : 新宿区西新宿7−10−10 西村ビル6F
   03(3366)3210