クラニオ・セイクラル・セラピー ストレイン・カウンターストレイン療法
   
サイコセラピーとしての効果 心と体は連動しています。ときとして、心理的要因からくる痛みがあります。日々の生活の中で、自分が悲しいと思ったときには悲しいと表現し、怒ったときには、怒りを表現するというように、その場その場でストレスを解消できれば、問題はありません。しかし、現代社会ではそれが難しく、ストレスを蓄積しやすい状況といえます。解消しきれなかった不満は過ぎ去って忘れたように見えても、顕在意識が忘れたと思い込んでいるだけで、潜在意識や体の無自覚なところでは、しっかりと抱え込んでいる場合があるのです。
心の不満が解消されないまま、蓄積されると、体はそのことをいちいち自覚するのが、辛くなり、体の感覚を鈍くして、自ら感じないようにしてしまいます。このような状態が続けば、ストレスは飽和状態となり、爆発せざるを得なくなります。大病や死にもつながります。
今、自分が何を感じているのか、例えば、楽しいのか、悲しんでいるのかといった感覚を感じることが重要だと考えます。これは、頭で「こういう風に思っている」という客観的な思考とは違って、実際に体が熱い、冷たいあるいは、軽い、重いということを感じることです。例えば、感動的な映画を見たときにおなかのあたりがぐっとくる、涙がこぼれそうになるといった体験をしたことはないですか?これが、実際に体が「感じている」ことなのです。今この瞬間に自分がどんな体の状態かを意識して、知る作業が必要なのです
なぜかというと、体が実際に感じていることがわからないと、頭で思っている事と体が感じていることとの分裂が起こり、本来望む状態(健康な状態)に向かうために自分の中で頭と体の足並みがそろわなくなってしまうからです。その結果、「健康」を損ねることにつながります。「健康」は、自分の思考(例えば「主人公のあの場面のセリフが感動的だった…」これも、過去に対してのただの説明であり,思考です。)と体の状態が一致し、「今この瞬間に100%いられる状態」なのです。
当治療センターでは、クラニオ・セイクラルセラピーを通して、日常生活の中でも自分自身を自然に見つめられるようになれると考えています。自分自身を見つめ、気づきを得る事で自らの道しるべを得る事が可能です。この道しるべによって、思いこみや偏見がなくなり、(思い込みや偏見はたいてい自分では気付いていないものです)シンプルにその場で起こっている現実(過去のトラウマや、未来への過剰な不安に影響されていない、本当の現実)を認識する訓練にもなると考えています。


人は普段、日常生活の中で、大雑把な刺激に慣れています。施術を受けるクライアント自身が施術者の繊細なタッチや体の微妙な動きに意識を合わせることによって、普段は見過ごしている体や心の細かい動きや変化に気づくことができるようになります。問題の核心はこの体や心の細かい動きや変化の中に隠されていることが多いのです。

体の言いたいことを聴く
体は良くなるために「変化しようとする力 」と、外敵から身を守ろうとするための「安定しようとする力」が働いています。その2つはときとしてぶつかり合い体の中で葛藤します。
2つの力(3つ以上の場合もありますが、)は最終的にはその人の命の営みを助けるという共通の目的を持っているはずなのに、敵対してしまったときに、症状が表れます。自分の中の相反する2つの力を1つに向けることができると、体は痛みというメッセージを出す必要がなくなり、それだけで、瞬時に治る場合があります。
2つの力(あるいは3つ以上の力)の折り合いをつけるには、良くなろうとする力と守ろうとする力の言い分(意図)を充分に聴いてあげることです。2つの相反する力が自分のために存在している。そしてその意図を体で理解し、折り合いをつけることができれば、ひとつの方向に向かい、人が本来持っている生命力を100%発揮することができるのです。



サイコセラピーの効果に関する、よく聞かれる質問にここでお答えします.
SAHAとは、ギリシャ語で、「相手に変化を求めず、ただ一緒にいる」という意味だそうですが、治療の場なのに変化を求めないのですか?
  「治療する、治す」というアプローチは施術者がクライアントに変化をもたらすことで、一見良いように見えます。しかし、変化を起こす前にまず知っておく必要があるのは、クライアント自身が「悪い」と考えているところや、痛いところにも理由があってその状態を体が選んでいるのだ、ということです。その痛みや不快感はその人の体を守るためで あったり、その人自身が変化をするための力として表れていることもあります。
クライアント自身が悪いと感じているところをまずは事実として、そのまま、まるごと理解することが、逆に一番早く変化させることになるのです。そこが悪い、と頭ごなしに否定するのではなく、施術者がクライアントと共にその理由を受け止めることによって、クライアントの体が自ら正しい方向を選ぶということです。
もし、施術者が、共に受け止めないと、クライアントの体の中で治そうとする力と、現状を維持しようとする力(身を守ろうとする力)が葛藤し、思うように変化が起きない可能性があります。受け止める事で、現状を維持しようとする力が納得、完了し、体全体で治そうという方向に向かう事ができるのです。
施術者がクライアントを変化させようという意識ではなく、クライアントのあるがままをまず受け入れ、ただ一緒にいるという意識で臨むので、クライアントの体は安心して、自ら良い方向へ変化をしていくのです。
自分で治ってしまうのですか?
 
  はい。人が既に持っている自然治癒力は、その人の生命活動によしとする方向で働きます。痛みがとれる方法、健康になる方法や精神的な安らぎといったものは、すでにその人の頭ではなく体が知っているものです。そのすでに知っている答えを引き出して、その人が心身ともに健康に生きていく手助けをするのが、ここでの施術の在り方です。
クライアントのあるがままを受け入れて一緒にいるということが、どうしてその人の中にある答えを見つけ出すことになるのですか?
  本当の意味で相手を受け入れて、一緒にいるということは、心と心が純粋に繋がっている状態です。相手に対して、固定観念を持たずに、ありのままで接している状態といえます。 相手の心と純粋に繋がっているときには、自分自身も純粋な状態です。純粋であれば、自分の奥底もありのままに見ることができ、感じ取ることができます。
痛みというメッセージは体が何かをしてくれ、と訴えているのです。例えば、うつむく姿勢で痛みが出た場合、過去の体験から、「うつむく」という行為が、今の気持ちが萎縮するポーズ、としてとらえている、或いは思い込んでいる場合があります。痛みを出す事で、体が「萎縮をしなくてもいいよ」と本人に教えてくれていた、というケースがありました。
 


SAHA治療センター : 新宿区西新宿7−10−10 西村ビル6F
   03(3366)3210