ストレイン・カウンターストレイン療法 クラニオ・セイクラル・セラピー
 
日常生活での体の使い方
痛みの原因のひとつに、普段の姿勢、動作の悪さがあります。

普段、何気なく座る椅子が、体に合っているかどうか分からなかったり、体に負担の掛らない座り方を知らないために、毎日知らず知らずのうちに負担を掛けてしまうことがあります。微妙な体重のかけ方次第で、姿勢や動作には体に負担の掛る場合もあり、楽で適した場合もあるのです。

小さな負担でも蓄積してしまうと、ほんの些細なきっかけで、例えば物を拾おうとした時など、体が故障してしまいます。日常生活での姿勢に気をつけていかなければ、痛みは再発してしまいます。

 

椅子に座ったときなどでも、自分にとって「一番楽と感じる微妙な姿勢」の取り方がわかれば、それが根本的な予防につながります。この「一番楽と感じる微妙な姿勢」というのは、いわゆるまっすぐな姿勢とは限りません。人によって、まったく違うのです。治療中での「痛みが取れる姿勢」のときの心地良さを日常生活で意識してみましょう。他の姿勢をとったときの体の感じと比べてみましょう。そうすることで、自分が一番楽と感じる微妙な姿勢が分かるようになります。

ストレイン・カウンターストレイン療法は、症状を再発させないため、すなわち健康を維持するための、一番楽と感じる微妙な姿勢ができるようになるのです。

 


SAHA治療センター : 新宿区西新宿7−10−10 西村ビル6F
   03(3366)3210