ストレイン・カウンターストレイン療法 クラニオ・セイクラル・セラピー
なぜ楽な姿勢をすると治るのか

ストレイン&カウンターストレイン療法は、もっとも楽な姿勢をしばらく保つことによって治す療法です。その姿勢のときに最も神経や体液の通りがよくなっているから体が治るのです。
施術の際、治療をしているときのその楽な姿勢にひょっとすると見覚えがあるかもしれません。実はその姿勢は原因の姿勢(痛めた時の姿勢)でもあるからなのです。

「痛めた時の姿勢なんかしたら、もっと悪くならないの?」と思う方もあるかもしれません。もしも痛めた時の姿勢を正確に覚えている方があったら、是非一度その姿勢を力を抜いた状態で再現してみるといいでしょう。痛みが増すどころか、まったく消え、とても体が楽になることに驚かれるかもしれません。

 

体は外部からの刺激に対応しようとします。刺激が許容量を超えた場合、過剰に反応することがあります。刺激を受けた姿勢のときにもっとも体液やエネルギーが流れるようにして、それ以外の姿勢のときには、流れなくなってしまうのです。その結果、痛めた姿勢以外のとき、体に滞りができてしまい、それが、痛みとなって表れます。

痛みは体があなたに何かを伝えようとしているメッセージです。
体が痛い時、あなたはどうしますか?体が痛くならないような姿勢をとろうとしませんか?そうです!体はまさにその姿勢をあなたにとって欲しいと痛みで訴えているのです。その姿勢をすることで、体が良くなることを知っているのです。

体は本当にしたがっている姿勢(最も楽な姿勢)や動作をすると治癒するようにできています。
残念ながら、現代人は一般的に体の感覚が鈍くなっているので、その人の最も楽な姿勢がわかりづらくなっているといえます。そのために自然とは治りづらいのです。

ストレイン&カウンターストレイン療法は現代人がわかりづらくなった「痛みがとれるその微妙な姿勢=その人にとっての一番楽な姿勢」を再現することで体を整えていきます。
 


SAHA治療センター : 新宿区西新宿7−10−10 西村ビル6F
   03(3366)3210